2012年12月

MenuBar
s_wearetheearth_468x60_j1.gif

a:1489 t:1 y:0

 2012/12/14(金)


 neo俳句:『そろそろの 所作に宿るは 今を生く』



 neo俳句です。


『今を生きろ』というのは、精神世界のマスターが異口同音に言ってきた言葉です。


 先日、現代のスピリチュアル・マスターの一人である「エックハルト・トール」さんの『illusion of time』というDVDを見ました。邦訳は「幻想としての時間」だと思います。そのDVDを見て読んだのが上の句です。


 多くの人は「忙しく」動いています。「どこか」を求めて動いています。その「どこか」の答えは、『今より重要と思える次の瞬間』だとエックハルト・トールさんはDVDの中で言っています。


 これは本当だと思います。多くの人は未来の何かになるために・未来に何かを手に入れるために、行動していますが、未来は存在しません。過去も同様です。


 私たちが感じられるのは『今』だけです。ですが、多くの人は『今』を軽視して『未来のある地点』に向けて「忙しく」行動しています。


 そして、「忙しい」という字は、「心を亡くす」と書きます。すなわち、忙しいと言っている人は、今から離れ、心を失っているのだと思います。


 今を生きるには、それぞれの一挙動に注意を払うことが有効だと思います。それが、「そろそろ」の意味です。そろそろと動くと今を感じられると思います。嘘だと思ってやってみて下さい。


 今を感じられることが、今を生きることの出発点です。今を生きるために、まずは『今にある』ことを感じられるようにしていきましょう。





2012/12/07(金)


 neo俳句『厳愛を 脱ぎ捨てていく 新世界』



 neo俳句です。意味は、多分、分かってもらえないでしょう。


 愛の中でも色々な種類があります。執着も歪んだ愛の形でしょう。野生動物の子どもへの愛は、捕食者への攻撃性へと変化しますが、これも愛です。


 また、フィリア・エロス・アガペーという分類もあります。


 同じように、厳愛・慈愛という愛の種類もあります。


 厳愛が意味をなすときは、相手がそれを受け入れられる強さがあるときだけです。その力のない人に対しては、慈愛で接するべきです。


 ですが、これから訪れようとしている新世界は、慈愛さえいらなくなる世界だと思います。


 必要なのは、ただの『愛』だと思います。「純粋な愛」です。「浄化された愛」と言い換えても良いかもしれません。


 私は、厳愛派でしたが、今はその厳しさは消えかけています。私はそれを脱ぎ捨てていく必要があるのだと思います。その気持ちを読んだのが上の句です。


 新世界に行きたくないという人も沢山いるでしょうが、一人でも多くの人と一緒に新世界に移行したいと思います。その時の行動指針になるのが『慈愛』だと思います。





 2012/12/06(木)


 neo短歌『誇りしは 誇らぬ心 ただ一つ しかし誇ればそれも エゴからのこと』



 『○○を誇りに思う』


 この○○に何を入れるかで、その人の価値観や精神性の高さを測ることが出来ると思います。


 低いところから上げてみますと「お金、車、家、学歴、持ち物」などがあると思います。


 もう少し上だと「職業」「親」「子ども」などかなと思います。


 更に上だと・・・、「優しい心」「愛情深いところ」「信念」などになると思うのですが、ここで「誇り」を持つ主体は『自分』です。


 ですが、「誇り」と「うぬぼれ」の境界はどこになるでしょうか?人が正当に誇って良いものってなんでしょうか?


 その考えを歌にしたのが冒頭のものです。


 誇るべきは、誇らぬ心ただ一つだけのように思います。しかし、それすら誇ってしまったのなら、それはエゴなのでしょう。


 前回のブログで書いたように、真の世界が到来したなら、赦すことは出来なくなります。それと同じように、真の世界が到来したなら、『誇ること』も出来なくなるのだと思います。


 『誇り』に置き代えられるのは、『尊重』だと思います。真の世界とは、自分も相手もありのままで尊重される世界です。全ての人が唯一無二であるため、誇るべき相手も誇る対象ありません。


 今は、そんな世界に移行している最中だと思います。そんな状況であるため、否定したい人や内容があるかも知れませんが、それもそれとして尊重する訓練を始めた方がよいと思います。





powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional